自然をありがとう! toshiのミニボート釣行記
カートップ 海俊丸にて茨城・千葉県内房を中心に釣行
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
右舷側の活用法
右舷側の活用法

土曜日半ドンの仕事があり しかも雨・・・冷たい雨でした
いよいよ 2014年も残すとこ 1か月です
いつも書いていますが 月日が経つのはホントに早いですね~

翌日曜日 以前から気になっていた 右舷側のロッドホルダー
ここ数年 エンジンのハンドルが左舷側なので 
どうしても竿を出す場合は 左舷中心になっています
前回も右舷側を使用して 泳がせなどに使用しましたが
その時に 腐食に気づきました・・・・

20141124 005
ロッドホルダーのポールを挟むものですが 
ことごとく錆びついています
いつも 釣行後に 水で洗っていたのですが
すっかり 右舷側を使わなくなっていたので
ほとんどスルー状態だったかも^^;

20141124 004
中もすべて貫通していて いつ崩れてもおかしくない状態でした

この錆びついたポール止めをきちんと取り外しました。

PC030046.jpg
前回も使用した右舷側のロッドホルダーですが
竿をホルダーに通して 海側に竿を向けると 竿元が 
私の座っている椅子にぶつかってしまうことが判明しました

別に問題があるわけではないのですが 基本左舷側に目を向けているので
右舷側に目を向ける場合は 椅子を回転させて体を右舷側に向ける
その時に 竿元が当たってしまうのです

そんな分けで 少しロッドホルダーを移動することに
もう少し前となると 小さなコクピット(魚探を乗せている台)の横が
一番理想

で・・・・

ちょっと工作です

物置から適当な長さの木材(厚さ5cm)と以前使用したステンレス四角パイプを
使って 魚探を乗せている台の横にロッドホルダーを設置しようと思いました。

PC030045.jpg

魚探の乗せている台の足(ポール)にステンレスの四角パイプを
取り付けて 木材と四角パイプに差し込む器具(L型)を作成して
木材にそれを取り付ける

木材を水平に伸ばしして右舷側、海側には ステンレスパイプと思ったが
ちょっと時間がかかりそうなので 手っ取り早い マジックテープで
板を固定できるようにしてみた(写真の上が船首(バウ)側です)

PC030043.jpg
最後に 腐食防止にニスを塗ってみた
このロッドホルダーで 右舷側もだいぶ活用できるかもしれません
椅子を左舷から右舷に思い切り回転させずに竿を出すことができます

重さはそれほどでもないのですが また荷物が増えたような気がします(笑)

しかし この時期は日没の時間が早いですね
16時半位には もう真っ暗状態です^^;

師走の時期 ちょっとバタバタしそうな時期ですが

次回は いつ行けるのだろう


ボートリンクです↓
にほんブログ村 釣りブログ カートップボート釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
コメント
海水による腐食はちゃんと洗ったと思ってもでてきますね。

自分はボート購入から一年以上たつのに未だに納得のいく艤装ができてません(--;)

2014/12/01(月) 21:10:49 | URL | ロングビーチ #- [ 編集 ]
海は錆びるの早いですね。
私も左舷側ばかりですが、右舷って使いにくいですよね。

おまけに右舷は基本見ていないので、当たってもほったらかしになります(^^;
鈴でも付けてみようかな?
2014/12/01(月) 23:34:47 | URL | kamada #- [ 編集 ]
私は両方
おはようございます。
みなさん、様々な工夫をされてて面白いですね。
私は左舷側に魚探を置いていますので、どちらかと言えば左舷側の方が釣りやすいですが、右舷のロッドホルダーもよく使います。
ドテラだと左右どちらかのラインが船下に潜り込むことが多いですが、パラを入れればその心配もありません。
一方で泳がせしながら、もう一方でテンヤかジギングをするなど、二刀流をよくやります。

ところでtoshiさん、魚探はイケスの手前ですか?
イケスを使うとき、魚探が邪魔になりませんか?
2014/12/02(火) 08:52:59 | URL | あひ #qbIq4rIg [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ロングビーチさん コメントありがとうございます


海水は 本当に洗ってもなかなか落ちないですね~^^;

一年に一度は 専用洗剤で 一気に洗いたいのですが
なかなか時間がなくて^^;
艤装に作成したものは やっぱり安価なものばかりの
手づくりですから 塩害はひどいものです(笑)

私もいろいろと作ってみますが 一番実用的なものが
最終的に残っています(笑)
やっぱり 最終的に シンプルが一番だったりして・・・^^♪
2014/12/02(火) 16:57:19 | URL | toshi #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
kamadaさん コメントありがとうございます


海に出ると やっぱり塩害は避けられないですね^^;
ボートを乗りはじめた時は 右舷も結構使用していたのですが
今は あまり使用していません
泳がせや置き竿程度で 右舷は使っていますが・・・


今回作ったものは泳がせや置き竿用に使用するつもりです^^
椅子の回転をできるだけ抑えて すぐに目につくところでと
考えると魚探の台の横しか思いつかなかった(笑)

鈴をつけるのもひとつの手ですね^^♪
2014/12/02(火) 17:06:50 | URL | toshi #- [ 編集 ]
Re: 私は両方
あひさん コメントありがとうございます


私もエンジンハンドルが左にあるために 魚探も左側に
設置しています。
あひさんもやはり左舷が中心なのですね^^♪
二刀流は ご指摘のようにドテラ 泳がせで使用していますが
基本が左舷になってしまいます^^;
以前四本出しも試みたのですが 出した数だけ魚が釣れた試しが
ありません(笑)

ご質問の魚探は 生け簀前に設置しています
ご指摘のように 魚探は 正直邪魔ですね^^;

私の場合は 魚探の台下から 生け簀に手を伸ばして
魚を入れるって感じです^^♪
鯵なのどの 手返し勝負の場合は 魚探をまたいで
上からです・・・(笑)
2014/12/02(火) 17:17:39 | URL | toshi #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tsuritsuriwakwak.blog63.fc2.com/tb.php/288-109ef100
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。