自然をありがとう! toshiのミニボート釣行記
カートップ 海俊丸にて茨城・千葉県内房を中心に釣行
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまた 台風
台風15号(ロウキー)は 静岡県に上陸して関東地方を直撃して
足早に東北・北海道を進んでいったが 私のところでは
それほど被害がなく ホッとしている
近くに利根川・鬼怒川があるため 増水の危険性は十分にあるが
今のところ問題がないようである

今日朝一に利根川を渡っているときに

018.jpg
相変わらず下手な撮り方であるが ガードレールの下は通常陸地で木々が生えているが
やはり増水している 前回の台風12号でも同じような光景を目にしました

ふと思ったことがあり 台風何号とは 日本近海で確認された台風の番号であるが
テレビなどのニュース番組でも台風何号と呼ばれまた表示されているが
ネット等で見ると台風に名前が出ている この名前って?と思ったわけである
これもネットで調べればすぐに出てくるのだが
以下 引用

気象庁では毎年1月1日以後,最も早く発生した台風を第1号とし,以後台風の発生順に番号を付けています。なお,一度発生した台風が衰えて「熱帯低気圧」になった後で再び発達して台風になった場合は同じ番号を付けます。
 台風には従来,米国が英語名(人名)を付けていましたが,北西太平洋または南シナ海で発生する台風防災に関する各国の政府間組織である台風委員会(日本ほか14カ国等が加盟)は,平成12年(2000年)から,北西太平洋または南シナ海の領域で発生する台風には同領域内で用いられている固有の名前(加盟国などが提案した名前)をつけることになりました。


次の台風の名前は 順番でいくと17号に当たりますが アジア名=ネサットになるのかな?
アジア名の表は ネットで確認することができます。

発生順にあらかじめ用意された140個の名前を順番に用いて,その後再び「ダムレイ」に戻ります。台風の年間発生数の平年値は25.6個ですので,おおむね5年間で台風の名前が一巡することになります。

これからも台風に万全な備えを

今度台風が発生したら アジア名が何であるか 
ちょっと楽しみ・・・・ってわけがないか~

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tsuritsuriwakwak.blog63.fc2.com/tb.php/158-e213bd4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。