自然をありがとう! toshiのミニボート釣行記
カートップ 海俊丸にて茨城・千葉県内房を中心に釣行
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢の島マリーナ
とても速度の遅い台風12号(タラス)に日本列島が洪水・浸水・土砂災害と驚く被害をもたらし
猛威を振るって関西地域を通り過ぎた 被害を被った方々のお悔みを申し上げます。
 
先週前半から台風だと騒ぎ出し(私だけ?)
あまりの速度の遅さにちょっとしびれを感じていた
関東地方はうまくそれてくれたので 甚大な被害はほとんどないようだ
また 台風13号(ノルー)が発生している 天候も安定せず困ったものです

昨日9月4日(日)台風12号(タラス)の影響はないかどうか心配していた
それは 夢の島マリーナで9月3・4日ヤマハ試乗艇があると聞きちょっと興味を持っていた
SR-Xの試乗に応募していた
当日担当者から連絡があれば中止 13:00試乗と予約していたが午前中に連絡がないので
試乗艇は出ると判断し現地に向かった
私の家から夢マリーナまで常磐道→首都高で40分位で行ける距離 カーナビで約45kmと表示
何年か前に夢の島マリーナにはお邪魔した記憶がある
行き常磐道の県境で土砂降りの雨に・・・その後都内に入るとまったく雨雲など見当たらず
時折強い風に車が煽られた
首都高も順調に渋滞もなくスムーズで到着 マリーナ入口です 

2011,09,04 008

建物のその前には ロープでしっかりと係留されたヨット・ボートが見えます

2011,09,04 005

やはり今日は台風の影響かとても閑散としている感じに見えました
いつもの状況は知りません

受付を済ませるとやはりあまり試乗される人の姿がちらほら程度
やっぱり台風の影響かな?
すぐに名前を呼ばれ ヤマハの○○ですよろしくお願いします
私が試乗のキャプテンを務めますとのこと
ライフジャケットを手渡され 乗船することに 私のすぐ前にはもう一人
年配の方も試乗のようだ
ヤマハのサブでもう一人が乗り4人で岸払い
台風の影響か 茶色く濁った水である
まず前にキャプテンが座り横にサブの方 私達は後部座席に座る
ふと後ろを振り返ると 70馬力のエンジン
このシリーズは115馬力まであるので できれば115を乗りたかったのが本音
2011,09,04 006

おっ~!デカとつぶやく エンジンスローでゆっくりと桟橋から出ていく
この時点でまったく波もなく穏やか かなり濁った水です

2011,09,04 002
まったくのノーマルなコクピット タコメーターや油圧計・水温計などがあり
その横に魚探などをつけるらしい オプション

マリーナから出て少しエンジンを上げますとの声が 後ろから見ていると
タコメーターが一気に上がっていく おっ~結構加速も気持ちいい
風の影響を受けて 数回大きくバウンドするがまったく問題はない
なかなかいいですね~ 5千回転くらい上げて快走!~ちょっとバウンドが
大きいけれど スピードが出てると気持ちいいですね~

2011,09,04 004

その後荒川に出て 年配の方からハンドルを握った
キャプテンいわく ゆっくりとハンドルを上げて5千回転までですね
だいぶ荒川は ゴミなどが浮いていて走りづらい
風は内陸に向かって吹いているので数回バウンドをしたが風切って快走 

その後 uターンして今度は私
向かい風なのでゆっくりと速度を上げてください 高波は落してくださいね
ゆっくりと加速 徐々に船首が上がって座っていると前がほとんど見えません(笑)
波がかなりあるので5千回転まで出せませんでした でもやっぱり馬力はありますね
かなりの水流があったので まっすぐには進めずハンドルも結構重かったです
2011,09,04 007
私が座ったままで加速すると 前方が少し見ずらい感じをうけました
操船は立ってハンドルを持った方がいいかも?

加速事体は徐々に上げていく感じなのでストレスもなくエンジン音も静か
結構な波もバウンドは激しいが まったく問題ないですね
15分位運転させてもらいましたが 結構楽しめました
台風の通過でだいぶ水かさが増えており 木々やゴミの散乱が目立ちました

その後 陸に上がり若干の説明を受けて しつこい営業なくにこやかに分かれました(笑)
久々に少し大きな船を操船できたので楽しかった
こんな船があったらいいなぁ~と思いながら帰路へ

帰り道 県境を走っていると
利根川はやっぱり増水していました。ちょっと見づらいですね

2011,09,04 001
 
自然に感謝!感謝!

次回はいつ行けるだろう


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tsuritsuriwakwak.blog63.fc2.com/tb.php/156-a24e91b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。