自然をありがとう! toshiのミニボート釣行記
カートップ 海俊丸にて茨城・千葉県内房を中心に釣行
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プチ艤装
2013年1月27日(日) プチ艤装 


今日も寒い! 前回釣行の際、ロッドキーパーの手元がだいぶガタがきているのに気付いた
昨年暮れに ロッドキーパーの本体を修正して その前はコマセ籠 そして今回は
ロッドキーパーの固定する止め具である

00101.jpg
腐食が激しく 前回の釣行の際 ぐらつきが出て 潮に竿が流されしっかりと止まらず
完全にガタ付いていた

00202.jpg
取り外すと案の定 中は錆だらけ 3年以上も使用していたので 当たり前ですかね

003.jpg
前回は 木板の裏に貼り付けていたが 今回は表に出して固定した

004.jpg
腐食を防ぐために、カバーをして 腐食剤を塗って完成
ボートの乗り降りに邪魔にならないか?次回確認してみようと思う


エボシ340では、オールを漕ぐ場合は、操舵席(運転席)?からでは漕ぐことが難しい構造になっている
今のエボシ340はリニューアルになっているので分からないが・・・・
助手席(ゲスト用)の席に座って漕ぐような設計であり、ちょっと不便さを感じる

当初は エントリーする際、助手席(ゲスト用)に一旦座り ある程度漕いで、操舵席(運転席)に
移動しエンジンを駆けていた
ゲストがいる場合は、ゲストに漕いでもらっていたが 一人の場合は 結構面倒である
現在は、そんなことはしないが オール一本である程度陸を離れれば、即エンジンをかけているが
エンジンも3年以上使用し無事に何事もなく動いてくれているが、今後エンジンがストップ!
なんてことも考えたくないが・・・一様オールはいつも船に忍ばせている
そのオールを漕ぐ場合、どうしても オールの器具が勢い余って飛び出しうまく漕げない経験を
思い出したので 止め具を作成してみた

005.jpg
自宅にあった器具を2本用意して 

006.jpg
2つ同じものを作ってみる マイボにオール器具を差し込みすぐに装着できるように
ボルトを抑えるプラスチック系の固定部分 家にあったものを代用してみた
007.jpg
2つともに、落ちないように丈夫な糸を付けて 
008.jpg
こんな感じになった 大したものではないが いつも忍ばせておいて
何か緊急時には、対応できると思います。
もっといいものがあれば・・また少し考えてみよう~


次回はいつ行けるだろう

自然に感謝!感謝!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

内房釣行(保田沖編)
2013年1月20日(日)内房釣行(保田編) 7:10~11:30 晴れ

2013年マイボートでの釣行は、初釣りである 暦で大寒
天気図を見ると 北風が強くなる予報




高気圧で覆われているが 等圧線の縦線は、海上では風が強い傾向になり
ちょっと釣行をためらったが 冬場は、気合が必要になるので行ける時に行こうと思った。
今回も一人だし ゆっくりと朝起きて 一般道を走りいつもの館山道に入る
久々の道であるが 一般道16号も空いている 館山道も春・夏に比べると格段に車の数が減っている
後ろから煽られるようなことはなく 余裕で現地到着したが すでに日の出の時刻
車から降りると 波の状況や風の状況は まったく問題無

すると久々に常連の方にお会いした 数か月ぶりでしょう
常連の方から声をかけられた
すでに、エントリー寸前、今年に入って3回目の釣行らしい
また この先の50m付近で別のボートマンがアマダイとイトヨリを釣ったらしい
その情報を有難く頂き 今日は、そのポイントに入ってみようと思った。
常連の方は、墨イカ狙いとのこと
すると 遠くから声が聞こえた リリー号さんである こちらもすぐにエントリーできる体制である 
リリー号さんも大変ご無沙汰しており昨年の11月以来である
私も早速、用意して 久々の海へ

041.jpg

すでに朝日が昇っており 気持ちとても清々しい
手前に写っている方は いつも情報を頂ける常連の方 今度名前を聞いてみよう
北風は少し吹いているが ベタに近い波である
常連の方に近寄って 20分位 餌木を投げてみたが アタリなし

その後 いつものアマダイポイントへ行こうか迷ったが
ここからかっ飛んで行っても20分以上はかかる いつ北風が強くなるか分からないので
常連の方からの情報を確かめるべく魚場探索へ

沖に出るとさらに北風が強くなっており スピードが出せない
北風は強いが 波はそれほどではないので しばらく釣りが出来そうだ

040.jpg
先ほど言われた 水深50m位まで到着すると 富士山が見えました

風は北風 波は、左前方からで 潮は左から右へ いつもの釣り辛い形でスタート
スカンパーと減速装置を使用して出来るだけ 釣りやすい形に持っていくのにいつも苦労する

一投目から 竿に反応し トラ・トラ・トラ トラギスのオンパレードが続く
トラギスの巣のような状態 まったく本命が釣れない
50m付近を流してみる 50m付近から外れて 48・47m位だと まったくアタリ無
50m以上の水深ではないと魚すら釣れない

ある場所に来た時 突然竿が海に差し込んだ
この引きは アマダイか?

039.jpg

上がって来たのは イトヨリでした
朝の常連の方からの情報だと イトヨリが釣れたすぐ近くでアマダイが釣れたらしいとのことを
思い出し 重点的にその場所をせめて見た

すると 
また 竿先が 海中に沈む
オッと! 来たか?

038.jpg

かなりの引きで 電動の回転が止まる位の引き
この時は 一番最高の状態ですね

上がって来たのは イトヨリと特大カワハギ 肝がパンパン状態
さらに その付近を粘っていると ご無沙汰のご来店 ホウボウさんである

037.jpg

その後イトヨリをさらに追加 この場所はイトヨリの巣か?とりあえずマーク
数回 魚場を転々と変えて 様子を見るが アマダイのアタリはなく
また 奇襲攻撃のようにトラ・トラ・トラ トラキスだらけ 結構特大なので 釣りは楽しいが
本命が出ず

しばらく釣りに熱中していると 北風が強く吹き始め 波も白波が立って来た
釣り辛い状態になったので その場から離脱
もう少し 粘りたかった・・・・
時間を見ると 10:30過ぎ その後 墨イカ狙いに浅場へ

風と波は、まったく衰えず とても釣り辛い
いつもの実績ポイントへ

数回竿をしゃくって ガツン!と竿にアタリ

036.jpg
 
なかなかの大きさで 引きを楽しみながら ネットイン この時期の墨イカは
特大です

その後1時間位粘ってみたが アタリがありません

北風は止むことはなく 強くなる一方なので 11:30過ぎにTHE ENDです

035.jpg

今日は短時間だったような気がしますが とりあえずおかずは確保しました
次回は、イトヨリの巣の攻略とその周辺を探索してみたいと思っています。

次回は、いつ行けるだろう

自然に感謝!感謝!
 
にほんブログ村 釣りブログ カートップボート釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

初釣りは・・・
2013年1月13日(日) 初釣りは・・・・キス釣り    7:30~14:45 晴れ



今年の冬は例年になく寒い マイボートを出そうというワクワク感がなかなか沸いてこない

年明けの恒例的になった 私自身の初釣り釣行は、乗り合い船である
昨年も浦安の吉野屋
キスかカワハギを考えていたが、キスのリクエストが家族からあった
昨年は、次男も同行していたが、今年は高校受験のため 私1人

深場のキスは大型キスが釣れるが、夏場と違って食いが悪い 夏場は仕掛けを置くだけでキスの方から
食ってくるので 釣りとしては面白くない(昨年の夏は 100匹以上)
冬場は活性が低いから、アタリがあっても食い込みがないのでなかなか釣れない
それが私自身すごく楽しみで 釣果が貧弱であっても魚との駆け引きを楽しみたいのである

久々に吉野屋さんへ 出船時間も7:30でとても楽である
7:00過ぎに到着すると駐車場は、だいぶ空いていて直感的に今日は、お客が少ないだろうと
予想がついた。
受付を済ませると 「今日のキス船は二人です」と言われ
「二人でも出ますよ」と笑顔で返してくれた。
相当、状況は渋いのかな?と私自身不安を感じた。

受付を済ませ、キス船へ乗船して 左舷オオドモには、年配の常連男性が準備しており
右舷に廻ろうかと思ったが、同じ左舷の中央に位置した。
今日は、弱い北東の風であるから 潮の流れが右舷から左舷へと予測していたため

P1130053.jpg

定刻少し前に出船して、久々に海である 空気は冷たいが清々しい感じ
湾奥は、ベタナギ しかし魚場まで乗せてくれるのがホント楽チン
今日はどこの魚場へ行くのだろう 
出船して約1時間 突然船が減速 「ちょっと深場でやってみます 30mです」
確かに深い 数回探ってみたが まったくアタリがない

また少し移動して「ここでもやってみます 28m」 ここでも数回、竿を出すが
まったくアタリ無し
その場で常連さんが一本を上げた
私は、まったくアタリがありません やはりアタリがなく渋い

その後、数回魚場を点々として 太陽がだいぶ高くなって来た
2時間くらいまったくアタリ無し 
またさらに移動を繰り返す 
その後、遊魚船が集まっている魚場へ
船長にここは どこの魚場ですか?と聞くと 小柴沖です

P1130052.jpg

富士山が見えました 少しモヤがかかっている感じです

その小柴沖は、八景島がすぐに見え 墨イカ船も確認できました
以前、八景島の墨イカ船に乗った記憶がありました。

その小柴沖で 25m~28m位の水深で 私に待望のアタリが来てやっと釣れました。
思ったよりアタリが小さいので 誘いもあまり大きく動かすとアタリが取れません
潮は、午前中・午後ともに、左舷から右舷へ流れ予想に反していてとても釣りづらかった
魚場もアタリがある場所がある程度決まっておりその場所から離れるとまったくアタリがなくなる
そのたびに移動が多い 

常連の方を見ていると 一旦誘いをかけるとほとんど竿を動かすことはなく待ちの状態
活性がいいときは動かしてもいいが 活性が悪いと微妙なアタリをいかに釣るかとのこと
なるほど! 魚がいないのではなくて 微妙なアタリを見逃していることに気づく
いかに食わせるか!確かにほんの少しのアタリを食わせて針かかりさせるか
釣りの醍醐味ですね 私自身とてもワクワクしました。

途中、警笛が頻繁になり横を見ると 戦艦のようなとてつもなく大きな船がゆっくりと横切った
 
P1130051.jpg

その後も微妙なアタリを探りながら釣りをして、気づくと納竿の時間 14:45

あっという間の時間だったような気がします。
船長から数を聞かれて 数えてみると32匹イイダコ1パイ 常連の方も33匹でした

帰港前に船長との会話で
「今日はいろいろと廻ってしまって小柴沖でじっくりやっていれば、
もう少し釣れたかも!ごめんなさい」
「誘いは最小限に、微妙なアタリを食わせるには、もう少し軟らかい竿がいいかも」
「通常のキス竿では、うまく食わせることは出来ないので竿にも工夫が必要かも」
なるほどね なかなか奥が深いですね

P1130050.jpg

帰港前に東京スカイツリーが見えました

P1130049.jpg

キスはすべてフライにして、美味しく頂きました
思ったより釣れて、良かった良かった

自然に感謝!感謝!

次回は、いつ行けるだろう
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


関連記事

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

2013年 あけましておめでとうございます!
2013年 あけましておめでとうございます

関東地方の元旦は、晴れ晴れと雲ひとつない快晴でした。

実家に帰って毎年、地元の神社にご参拝

今年は、午後12時半過ぎに神社に向かってみたが 
昨年よりは参拝客が多かったように思う

P1010033.jpg

今日は、長男は元旦バイトで参拝できず
次男は、今年高校受験で神頼みにすがるような状態

1時間以上の待ち時間にちょっと疲れた

P1010034.jpg

お賽銭は、次男自ら15円を用意
いつも10円のお賽銭なのに 今年は気合が入っていたようだ
次男に聞いてみると 「十分にご縁があるように!」とのことらしい
なるほど 今年は気合十分ですね(笑)

私も 
①今年も家族が皆健康でありますように
②仕事も順調にいきますように
③次男の受験もうまくいきますように
とお願いしてみた   

また次男は、学業祈願のお札まで購入(1500円)
ダメ押しの気合十分です(笑)

長男は、気にはしていたようだが 自ら学業祈願までの購入までは
言い出さなかった。それが今回吉とでるかどうかだ!(笑)
私としては、高校受験を無事に乗り越えてもらえればそれでいい

参拝後に次男は、毎年恒例のおみくじを引いた(100円)

P1010035.jpg

去年は確か”小吉”だったので今年”中吉”ワンランクup
私は、”小吉”だった 昨年よりワンランクdown
そんなものでしょうね

最後にお神酒を頂いて、神社を後にするそんな元旦でした

今年も宜しくお願いしま~す!
関連記事

テーマ:日々出来事 - ジャンル:ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。