自然をありがとう! toshiのミニボート釣行記
カートップ 海俊丸にて茨城・千葉県内房を中心に釣行
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プチ偵察
2012年2月26日(日)の天候は、関東地方は結構な北風の予報が出ていた



等圧線がかなり迫っていて 縦長の場合は 経験上かなりの強風が吹く感じ
以前この状況で 海上に出て 時折突風が吹いて怖い目にあった事があった
等圧線の縦長は 私がよく通っている魚場では おそらく出ても短時間の釣行が予想される

どっちみち昨日は、釣行できなかったが 午前中は家族の私事があり
午後は 次男の用事があって外にでることになった
ちょうど 気になっていた場所がありその近くを通るので
次男の用事を済ませて その場所に向かった

そこは、利根川とある川の合流地点である
2012,02,27 004
奥が利根川である ↑ 右側に流れる某川 ↓


2012,02,27 003

近くに車を止める場所がなく 遊歩道の土手を超えて
竿とルアーを持って歩いてみた

もう少し暖かくなったら何かしら釣れそうな感じ
ブロックが続いており すでに釣り人が出入りしている気配を感じる場所でもあった

15:40過ぎ位にこの場所で試しに次男とルアーを投げてみた
2012,02,27 001

1時間少し投げてみたが 釣り人は誰も来ず
アタリもないので 引き上げたが 何か釣れそうな雰囲気の場所であった
次回に期待しましょう

次回はいつ行けるだろう

自然に感謝!感謝!



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

YAMAHA FR-32
2012年2月19日(日)YAMAHA FR-32 試乗 12:00~13:40 晴れ

今日は昨日と違って 風もおさまり日差しがまぶしい日になった
以前から予定していた ニューポート江戸川マリーナでヤマハFR-32の試乗に行って来た。
よく浦安の吉野屋さんにお世話になっている(遊漁船)すぐ近くに
ニューポート江戸川マリーナがあるのは 知っていた
でっかい船の操船をしたいと思っていたら FR-32の試乗があるよと言われ
本日出かけて行った次第である
昨日の天候とうって変わって最高の試乗日和?になったような気がする



大きく高気圧に覆われ 先週の釣行より断然今日の日がベストだったような気がした。

当日は、常磐道で行こうか?どうか カーナビで検索したら高速を使って行けば1時間もかからずに
到着予定 では 一般道ではどうか?
検索すると 1時間半位で到着との指示 道中渋滞などを考えて2時間も見れば余裕でしょう
10時過ぎに自宅出発したが、渋滞という渋滞に遭遇せず スムーズに到着
都内は車がガラガラ状態で 環七などはほとんどノーストップ?
警察官がところどころにいて 取締を行っている様子?
何か?あったかな?
順調に走って 1時間弱で到着 
2012.02.20 010

マリーナに入るとすぐに受付をして 
「すぐに本日の担当 ○○と申します よろしくお願いします」
前回夢の島のSRXの試乗の時もこの方だったような気が
○○さんは気づいていないようだけど・・・・
私と同じ時間帯の方がキャンセル?か この時間は私1人らしい
試乗前にライフを付けて 船へ すぐに桟橋があるが 
思ったよりやはりでかい この船は12人乗りで 釣り等で使用する場合は
6名位がベストらしい 馬力は370馬力
乗船して 旧江戸川は 浅瀬があるので担当者が運転
吉野屋さんを横目に 東京湾へ
2012.02.20 011
中はゆったりとして とても快適 中央の奥は 大きくゆったりと
寝そべられるくらいの広さがあり 向かって左側にトイレ トイレも十分な余裕スペースがあった
東京湾へ出る途中 担当○○氏 
2012.02.20 014
また 外には、釣りをするサブハンドル?(名称は言われたけど忘れました)
2012.02.20 012
旧江戸川から出ると 今日はまったくのベタナギ 数隻のタンカーや
ヨットなどが前方に見えた 少し沖に出て 私が操船することに
担当者「徐々に回転数を上げて2800回転まで・・・」
今日はベタナギなので まったく水の抵抗がなく ガンガン加速していく
ふと魚探らしきものが目の前にあって 速度を見ると23.8ノットと表示が出ていた
1ノット=1.852Kmだから 時速約43km?位出てる?
このスピードを出してもまったく抵抗がない また目線が上から見下ろす感覚で
最高の気分を味わえた
たとえて言うなら バス・電車に乗っているような感覚である
2012.02.20 013

前方にヨットが進んでくるので それを大きくハンドルを切ってもまったく揺らぎなく
スムーズに進路変更できる なんて贅沢な船だろうと思いながら操船させてもらった

2012.02.20 015
結構なスピードが出ているが まったくしぶきがかからない
2012.02.20 016
今日は海上が穏やかであったためもあるが やぁ~最高ですね
2012.02.20 017
試乗を終えて 船から降りる時にコクピットを
あっという間の試乗でした

その後 マリンクラブの説明を細かく聞き マリーナの船もいろいろ説明を受けました。
試乗の余韻を思い出したら 一般道で帰宅しました。
帰りも一般道で帰ってみたが 自宅まで2時間かかってしまった

今度はいつ行けるだろう

自然に感謝!感謝!


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

内房釣行
2012年2月12日(日) 内房釣行 アマダイ撃沈の巻 6:30~12:30 中潮 晴れ


2012年の1月に乗合船に乗って以来の釣行 今年初のマイボート釣行である
今日は、唯一休みの日曜日になったので どうしてもマイボートを出したかった

日々寒さが増しているような 今年は昨年と違ってホント寒い
ちなみに自宅から千葉県に入る橋の温度計が-2℃を指していた

2月はどうしようか 迷っていたが海の香りをかぎたくなって
天気図を見ると 高気圧に覆われ等圧線の感覚も幅があり
天気予報の波予報は 1~2m前後の北西を予想 現地に行くとほぼ8割は
予報以上の倍の風を肌でいつも感じている。



朝久々に現地に着いてみると いつもの常連の方は、やはりいない
肌で感じる風も予報以上に吹いていて 3m位に感じる。
今日は、アマダイ五目とモンゴウイカを考えていたが
風と波を考えて モンゴウイカのみの釣行になるかもしれないと
思えるほど 陸地では吹いていた。

現在の夜明けは、6:30頃 現地に5時過ぎに到着したので
まだ海上は、まったく見えず、しばらく明るくなるのを待って 少しづつ用意。
だいぶ明るくなってきたので 海上の様子を確認すると
思ったほど 波もなく時折吹く北風に波立つ感覚である。

定刻6:30に日の出とともに大谷さんとエントリー 
海上は思ったより穏やかである 高速で魚場へ

2012.2.12 021

アマダイポイントまで行く手前に40~50m付近で一度真鯛五目でもと考えたが
いつ風・波が出てくるか予想だにしないので そのままアマダイポイントへ

2012.2.12 004

海上は少しうねりと風があったが 十分釣りができる感覚である
風は北西から吹き体感では2~3m位 でうねりは船左側面から当たる感じで
潮は、逆の北に向かって流れている感じであった
もう昨年になるが、昨年最後のアマダイ釣行に比べて、幾分潮の流れが違っていて
とても鈍さを感じた。
風が今回は北西から吹いているのでそのまま流していけば深場に入っていく
今日は、いつもの魚場からではなく 少し深めの60mラインから流すことにした。
風が少し吹くと一気に流されてしまうので、変速装置を使って ゆっくり深場に流すようにした。
海水温は、外気よりは温かいが昨年よりは、やはり冷たい。

ふと西に目をやると 富士山がきれいに見えました

2012.2.12 007


釣り開始してしばらくは沈黙が続き、2回くらい仕掛けを出し入れると 
竿にかすかにアタリが トラギスさんが またまた登場し始める
トラギズのオンパレードが始まる

70mラインに来ると 今度は サバの猛攻に遭った

2012.2.12 008

底から10m上位に点々が連なって見えているこれがサバの反応だと思う
が コマセも撒いている感があるので一概には言えません
ひどい時は、20m・40m付近でリールの落下が止まり サバを釣りあげることに
久々なので5~6匹(ゴマサバ・マサバ)を確保すれば十分

2012.2.12 009

コマセを入れずに3回に一回底に仕掛けが、底に落ちるが 釣れてくるのはやはり
トラギズばかり 本命に当たらず
85m位まで流してみたが 状況が変わらず 
何度か 60mラインから80m前後まで流してみたが 
ずっとサバくんに遊ばれ、状況変わらず

今度は50m付近の浅場に移動
今日は厳しいかな?と思っていた矢先に コマセを大きく巻いた直後に
竿に手ごたえがあった 
おっと来ましたか?! 引きはところどころに見え アマダイか?と
思ったが 上がって来たのは 去年も釣っている イラでした

2012.2.12 006

自宅に帰って測ってみると45cmでした 肉厚でとてもおいしそう~
その間 大谷さんは、こんな渋い状態で アマダイをゲットしていた
時間も10:30過ぎになり アマダイ五目を諦めて モンゴウイカの魚場に移動
この時間から北風(北西)がかなり吹き出した 

魚場に到着して13m~20m位まで エンジンを止めて流してみた
14m前後で ガツンと来ました

2012.2.12 005
この時期もう少し大きいかなと思っていましたが 去年の暮れに釣ったような大きさでした
でも このくらいが一番味がいい

その後、2回目の流しで また竿にガツンと来ました
2012.2.12 003
昨年からず~とこの色の餌木で当たっているので定番になっています
色も剥げていてなぜかこの餌木に集中しているので 大事に使っています。
先ほどより サイズアップです

二人で2杯ずつ釣れたので 時間も12:30過ぎになり さらに北風が吹き始めたので
THE END

今日は、アマダイポイントまで行けて アマダイは釣れなかったが大物イラが釣れ
サバも確保 さらにモンゴウイカも2杯 まずまずでした

イラは 家族で人気で 刺身にして 頭は兜煮 頭の頭上の肉は濃厚で最高
サバはその日にしめ鯖にしようと思っていたが 時間がなかったので鯖の竜田揚げにして
食べ イカは、一口サイズに切って今だ冷蔵庫の中 酒のつまみに・・・
自分では十分満足できる釣行でした

次回はいつ行けるだろう


自然に感謝!感謝!

にほんブログ村 釣りブログ カートップボート釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

海の気象情報活用術
海の気象情報活用術


すっかり冬眠状態になりつつ 毎日が眠い日々を送っていて
ブログも書く気がなかなかない状態が続いていました。

2月に入って 毎月愛読しているボート倶楽部2012年3月号
ボッとしている私に 少し活力が湧いてくるような 興味をひいた記事

海の気象情報活用術である 数か月マイボートから離れている状況に
少し目が覚めたような感覚があった

ボートを出す時は、必ず気象情報は欠かさない 気象に関しては、
船舶を取得する際に必ず学習してみたものの 気象庁や一般気象情報を出している
会社の選び方や見方など 今までとちょっと違った感覚になった。

私の見方としては釣行予定を考えると3日前から携帯などの気象情報をチェックしているが
その情報がいつも最新と思っていたが 実は古い情報だったりと
気象庁が発表する情報の最新を見る時間帯など 詳細に書かれているので
私は、とても役立った気がする。

また 気象庁だけでなく 他のサイトや釣行のピンポイント情報などのサイトなどが
書かれているので 今までの気象庁サイトも重要であるが他のサイトを見て判断する事の
重要性が書いてあるので ボート釣行される方は 今回の3月号はおすすめだと思う。

2月も中旬になりつつあるが そろそろ出てみたいものだが 私は寒さが苦手で
なかなか体が動かないのが・・・
今回の気象活用術を頭に入れて そろそろ海の匂いでも嗅ぎに出てみたい気がしてきた


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。