自然をありがとう! toshiのミニボート釣行記
カートップ 海俊丸にて茨城・千葉県内房を中心に釣行
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内房釣行
2011年10月30日(日) 内房釣行 5:50~12:30 晴れ~曇り

久々の釣行である 気づくと2011年も2か月位になってしまった 月日が経つのは本当に速い
11月1日から年賀状が発売になる もうそんな時期なんですね

マイボでの釣行は 約一ヶ月ぶりです 天候や仕事の関係で出せない日々が多かった
早朝の朝の車もだいぶ少なく感じ 館山道も夏場に比べて 各段と車が
減っている 対向車も少ないので 時折真っ暗な道を孤独で走っている感覚に襲われる(笑)

さて 現地に着くと 常連の方がいて 同じように1ヵ月ぶりとのこと
現地は 時折突風が吹く感じで 大丈夫かな?と思わせる感覚があった
常連の方は カワハギを釣って状況見て引き上げるとのこと
天気予報では 8時まで北北東の風2m 8時以降北北東の風4mと予報であったが
体感的には もっと吹いている感じを受ける
今の時期の日の出は遅い 日の出とともにエントリーをするため早速用意
日の出とともに 大谷さんとエントリーです

明るくなって来て 海上の様子から 大丈夫と判断してGO

朝焼けがとてもきれいでした  まだ海上は波立っていません

2011,10,30 028

この時期のパターンとして アオリからスタートし鯛・アマダイを狙い帰りにモンゴウイカという
パターンが出来上がっている(笑)

まず アオリからスタート 2ヶ所探ってみたが アタリすらありません
時折吹く北風に若干戸惑います 突風が吹くのです。
根から外れて そのまま船を流していると 私の竿にモンゴウイカがヒット

2011,10,30 029

少し小さ目ですが・・・・ 久々のゲットにちょっとうれしい

その後 北風が結構吹き始めたので早めに真鯛・アマダイポイントへと向かったが
北風が強く吹き始め 思ったより速度をだせません
北風のため 後ろから風を浴びるように 波も後ろから来ます
突風が吹くと波が大波になり 速度が落ちなかなか思うように進めず
陸側に沿っての移動となりました

時間をかけての移動でしたが 目的の場所までもう少しのところ
遊漁船が数隻見えます あそこまで行きたいのですが 北風とうねりがどうしても
ありたどり着けません
仕方なく 手前30m付近の山影に入りそこからスタートです。
ここの場所は 根が点在し 砂地・岩礁帯と魚のいるような気配です。
近くにカワハギ船の遊漁船が数隻確認 ここはカワハギ地帯らしい
仕掛けを下すが すぐ餌を取られてしまう おそらくカワハギでしょう
大谷さんは 1つテンヤで ゲソを釣っていました
私は いつもの天秤で 底から若干高めを狙っていましたが
アタリすらありません

北北東の風ですので ボートを流していけば 深場まで流れていきますが
40m付近になると 山影から出る形になり 風とうねりでどうしようもなく
また戻るの繰り返しになりました 船の位置が船主に波が当たればいいのですが
なぜか波が横から当たる感覚でエンジンを回していますがどうしても
波が横から当たるため大波ではまともに波をかぶってしまいます
スカンパーで調節してみるが思うようにいきません
危険のため また戻り山影に入る

数回繰り返しアタリがないまま ふと船の周りを見ると シイラが視界に入りました
おっ~シイラだ 前回の外房の時もシイラがいましたが 今回も目にしたので
早速 ミノーを取り出し 泳いで行った方向に遠投

数回引いた瞬間 ぐぐ~と反応がり かかったと思ったら バレ
すぐさま 同じ場所に遠投 すると
今度は フッキング 
よしゃ~と 竿を立てる するとドラグが若干出ていくが 強烈な引きがみられず
そのまま 船上に・・・・ 思ったよりあっさりだったので
もう少し引きを楽しみたかった

2011,10,30 030

マイボートでシイラは初めてだったので 良かった!良かった!

その後沈黙が続く あまりの上下の揺れで酔う感覚に襲われる(笑)
時間経過とともに ますます北風が吹いているようだ
仕方なく 今回は鯛・アマダイは断念

浅場のモンゴウ釣りに変更

モンゴウの魚場に移動中 やはり20m前後で おそらくアジ・サバあたりの遊漁船を発見
遊漁船の近くに寄ってみたが 魚探の反応が見つからない 少し周りをウロウロとしたが
若干の反応位であまりパッとしない 2回くらい仕掛けを下すが 小魚位でアジの反応ではなかった
遊漁船が固まって コマセをまいているのでそこに集まるアジ・サバを狙っているのかも・・・?

その後 モンゴウポイントへ 15m付近で来ました

2011,10,30 031

また若干浅目 9m付近でも アタリがありゲットです

2011,10,30 032

その後2ヶ所探って 2人で10パイ 

時間も12:30にて THE END

2011,10,30 033

今日は 北風とうねりにやられてしまった
マイボート初のシイラもゲットできたし 良しとしましょう

次回は鯛・アマダイのリベンジですね

今度はいつ行けるだろう

自然にありがとう!

自然に感謝!感謝!

にほんブログ村 釣りブログ カートップボート釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

土浦港 PARTⅡ
2011年10月23日(日) 土浦港 PARTⅡ ワカサギ釣り 13:20~16:30 曇り~晴れ

今日は午前中に仕事の関係で外に出ており 午後子供(次男)が
部活から帰って来て 先週と同じ土浦港ワカサギ釣りに出かけた

ここの所天候が不安定で なかなかボートを出せない日々が続いている
せっかくの秋のシーズン突入したのに 今回も週末低気圧の影響で海に出ることが
出来なかった 天候には人間は勝てませんね

話は前後したが 午後から天候回復予報にて南風が若干吹く予報
船でもないのでまったく問題無 先週と同じワカサギ狙いである
先週の赤サシを冷蔵庫に入れておいたが 赤さしはまったく問題なく使えた
この分だと1か月は持ちそうな感じであった
現地に着いてみると なんとガラガラ状態
港の前に車を置く場所がスカスカ状態で 余裕で駐車できる
今回はガラガラなので 堤防の先端近くを陣取る

201110236.jpg

その状況から ワカサギは釣れていませんね
釣り人を見ると ワカサギ狙いと鯉・ヘラなどを狙っている人が半々って感じ
子供(次男)は 鯉釣りとワカサギ釣りの2本を出すらしい
私は 竿1本で鯉を狙ってみようと思った

201110237.jpg

私の左隣りの人は 穂先の柔らかい竿にスプリングリールの1000番台の小型
サビキ仕掛けの20本くらい針がついた仕掛けで投げて誘いをかけながらワカサギを狙っている
声をかけてみたが やっぱり今日も釣れないならしい
私は鯉狙い ちょっと異様な感じがする(笑)
この堤防は ワカサギ・鯉・ヘラ・ブルーギル・バス・クチボソまであらゆる魚が釣れるので
竿かけにかけてヘラ狙いや ぶっこみの鯉狙い また長竿でワカサギ釣りや
はたまた ルアーを投げまくるバス狙い ちょっと笑ってしまいます

風は南風堤防の右から左に風が1m位で程よい感じ 風の割りには波も結構あり棒ウキだと若干見づらい
しばらく棒ウキで鯉を狙っていたが 一向にアタリ無
ところどころにウキに反応があるが 針がかりせず 

子供(次男)もワカサギを狙っていたが 釣れるのはクチボソのみ 竿からリールに変更
ぶっこみの竿を1本出し 鯉狙いに変更した
この状況は変わらずと判断して 私も竿をやめ 隣の人と同じようにワカサギ釣りに変更

ワカサギ釣りもやはり状況変わらず かかってくるのは やっぱりクチボソである
先週と同じように手前は 頻繁にアタリあるが クチボソ
少し遠くに投げるとアタリがなくなる このあたりで反応があれば ほぼワカサギである

刻々と時間だけが過ぎて行く 今日も厳しいなぁ~と思っていたら
コンコンと遠目に投げた竿に反応が・・・やっとアタリが来た
ゆっくりとリールをまいて上がってきました

201110235.jpg

いやぁ~この一匹が長かった~(笑) 本日初めてのワカサギちゃんでした

その後 数匹追加して釣れたがそれ以来またパタリとアタリが止まった

気づくとあっという間に夕方である

子供(次男)のリール竿に反応があり 鯉がかかったようだ
上がってきたのは やはり鯉 40cmはないが良かった 良かった

201110234.jpg

その後 先週と同じように堤防で釣りする人は決まって16時には片付けに入る???

201110233.jpg

日没時刻が日々早くなっているから 私達も右習え状態で片付けに入る
夕日がとてもきれいでした 

16:30に納竿して帰路に着いた

今日もワカサギが釣れなかった 残念 また次回に期待しましょう

次回はいつ行けるだろう

自然に感謝!感謝!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

土浦港
2011年10月16日(日)土浦港 ワカサギ釣り 12:50~16:30 晴れ

今日は子供とマイボを考えていたが 昨日からの低気圧の影響で大雨
翌日は晴れ予報でしたが 南西風が6~7mと吹く予報にて安全優先にて
取り止めました。
日曜日はとても暑かった 私は半袖で十分の陽気
午前中はゆっくりして 午後牛久沼へと考えたが 川の増水でおそらく
釣り場が普段より悪条件と考え 子供いわく土浦港のワカサギはどうか?
と言ってきたので おっ~ワカサギね
時期的には まだ先だと思うが・・・・
現地に行って調査するしかない 現地の釣り具屋で聞いてみよう

お昼頃に家を出た 常磐道で450円 運転中空を見ると あれれ夏雲のような
雲が・・・季節がおかしくなっているような感覚に襲われる(笑)

地元の釣り具屋に到着し 何が釣れていますか?
店員「今 ワカサギを釣っている方が多いですね」
私 「まだ時期的に早いのでは?」
店員「いや この時期からボチボチって感じですね」
私 「餌は 赤・白どっち?がいいですか」
店員「どっちも買われていきますよ 比較的に赤ですかね」
私 「では 赤を」

そうか ボチボチとは おそらくムラがあってまだ安定していないと
いうことを言っているのだろうと即判断
せっかく来たのだから 足場のいい土浦港に行くことにした

現地に着いてみると 予想がついていたが 何とか車の駐車を確保できる程度
ここは 堤防まで車の駐車がOK
全盛期には まったく車が入れない状態 駐車スペース確保できるということは
それほど釣れていないのだろうと予想できる
次は釣り場の確保 駐車できたすぐ真後ろに 昨日の雨の水たまりがあったが
スペースが空いていたのでそこに入ることにした

105.jpg


少し様子を見ていたが ワカサギではなくクチボソが結構釣れている感じ
クチボソは 堤防の真下に落とすとすぐアタリがある様子

隣りの常連の方にちょっと聞いてみると 
「いや~今日はダメだね!」間髪入れずに帰ってきた
「あちゃ~ 今日はダメですか
「昨日の雨風で 底荒れしている感じで 陽気が暖かくなっちゃったから」
「まだこの時期ムラがあるだよね~」
「そうですか?やっぱり11月頃ですかね?」
「うぅ~ん そうだね 釣れるときは釣れるだけど・・・・」
と私は竿を出す前から話混んでしまった
と子供(次男)はすでに2本出して黙々と釣りをはじめていた(笑)
リールを1本 竿1本 竿には アタリがでるが ホント小さいのだろう
合わせても針ががりしません 
だいぶ遅れて私も竿を出した リール1本 竿1本
竿をだしたが 一向にアタリがありません 堤防の真下に寄せてくると
竿にアタリがあるが おそらくクチボソだろう
リールは若干誘ってみるが まったく無反応

次男は少し針を小さ目にしたら ほんと小さなクチボソが釣れ始める

私は若干遠目に投げて誘ってみるが反応がない

しばらくすると 竿にいきなり大きな反応????
すると にごいが釣れた あれれ 0.7号針よくもったな!

さらにしばらくすると また竿にアタリがまた にごいか?
姿を現したのは ブルーギル あちゃ~(笑)

101.jpg

その後 少し大きめのクチボソなどが釣れ・・・・
ところどころに本命のワカサギちゃんが姿を見せます
103.jpg
連結して釣れることなく 地味にコツコツと1匹づつ釣る釣り

102.jpg

あっという間に16:00を過ぎました 堤防にいた釣り人も帰る支度にとりかかって
いる

100.jpg
私もそろそろ片付けに入った 次男は クチボソを細かく釣って遊んでいたが
16:30 THE END
今回は 正直釣れなかった~の一言

今日は季節外れの天候に驚き 土浦のワカサギも10匹みたいな程度で
帰宅です ちょっとさびしいがこんなもんでしょう
次回 またリベンジですね

釣りができる環境があることに感謝!感謝!

次回はいついけるだろう

自然に感謝!感謝!



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

プチ修理
10月の三連休 世間一般の人はお休みムードでしたが
私は 日曜日のみの休みでした

10月9日日曜日 釣りに行こうと思っていたが なんとなく体が重い
以前から気になっていた マイボの部分を手直ししたいと思った

001.jpg


マイボの突端部分がかけてしまったのだ 写真ではそれほどではない感じだが
欠けた部分の後ろ側もよくみるとヒビらしきものが入っていた
船の出し入れでぶつけたのか ちょっと記憶にないが 少し気になっていた

量販店で売っていたFRP修正用を購入してみた 

002.jpg


FRP使い勝手がよくわからないが 説明書を見ながら使用してみた 
溶液2本とガラスマット1枚とヘラ1つ ヤスリが入っていたが

003_convert_20111011180657.jpg
まずA剤とB剤を適量に出し 良くかき混ぜる
補修箇所に適量にヘラを使って塗る

ガラスマットを補修する大きさに切って 貼り付ける

その後A剤・B剤をその上から貼り付ける

数回それを繰り返す

004_convert_20111011182244.jpg

やば!気づいたら 付けすぎてしまった!!!
失敗してしまった感じ(笑)
いまから思うと 後ろに塗ればよかったかな???

その後すぐには乾燥しないので 牛久沼にパトロール
たくさんの釣り人がいたが 時間的に上がりの人と場所を入れ替えてもらった
聞くところによるとクチボソなどが釣れているらしい
数時間だけ竿を出すことにして 赤さしで釣れるらしいが
用意していないので練り餌でフナと鯉・ヘラなどを狙ってみようかなって感じ
釣れるかわからないけど・・・・
竿を出してみたが 練り餌でもクチボソのアタリが頻繁に 合わせるが針が大きいのだろう
掛からない
まぁ~しょうがないなと思っていたら
今までと違うアタリが・・・・

魚の感触が・・・・ フナさんの登場でした 

017.jpg

坊主を逃れて そのまま帰宅して FRPは乾いたかな????
やっぱり素人がやったらダメかなと思いつつ

だいぶ乾いているようで ヤスリで修正 

016.jpg

釣行には問題ないだろうからまっいっか!

ネットで調べてみたら いろいろと作成方法など書いてあって
よく見てから修正すべきでした!
と反省 反省

自然に感謝!感謝!

次回はいつ行けるだろう

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

外房釣行
2011年10月2日(日) 外房釣行(泳がせ編) 5:45~11:45 晴れ→曇り

あっという間に10月ですね 月日が経つのがホント早いです
朝晩と結構寒くて昼間の寒暖の差がありますね 9月は台風や天候不良で
1回しか釣行できなかった 去年もこの時期は天候不良にあまり釣行できませんでした
お決まりのパターンです


外房釣行は 1年ぶり位かもしれません カンパチ・ショゴが上がっていると
大谷さんからの情報で 今週は外房へGO

まず朝泳がせ用のアジを釣って 泳がせのパターンにと考えていた
私のイメージでは 外房のアジは いつも釣れている感覚があった
そんなに簡単に甘くなかった

朝早速用意して岸払い 港を出た直後 

005_convert_20111003174435.jpg

思ったよりうねりもなかったが やはり潮が速い感じで
北風が若干吹いていて体感的には ちょっときつい感じ
内房と違ってアップ・ダウンが大きくあり スピードを落としてのスタート

魚場はすぐ近くなので すでに海上には 漁船・ボートが視界に確認できた
その周辺に近づき 魚探で反応を見るとところどころに反応あり
うねりと潮の流れが速くその反応がすぐ消えていく
近くにゴムボートの方に聞いてみると アジは今日ダメ まったくいないよ~の
返答が帰って来た 
えぇ~ アジがダメであれば泳がせができないじゃん~

すぐ近くにアンカーを入れてちょっとためしに釣りをスタート
12m位の浅場である 一向に反応が見つからない
水温はとても暖かい
しばらくして 水面に1m位のシイラがマイボを横切る
あっシイラだ! と言葉にした瞬間 大谷さんの竿が突然
前方に! やば! シイラがかかってしまった
落下防止用を付けていたので 落下は防げたが
竿が船の前方に・・・・・慌ててエンジンを駆け 竿をおっかけた
無事竿を手につかんだとたん 水面をシイラがジャンプ
その瞬間 プツンと切れた!
ほんの数秒間の出来事に二人とも唖然!



アタリが無いので移動 隣りの湾内に近づく 3名ののボート師を発見
湾内では アジが若干釣れているらしい
大谷さんの友人とのこと 朝一でアジを釣ったけど
この時間はあまりいい反応がないらしい

大谷さんの友人からアジをお裾わけして頂きました
とてもやさしい方々 ありがとうございました

湾外に出て 若干のお裾わけのアジを泳がせ用に
実績のあるポイントへ そこは13m位の場所
下は 根が張っていて その下が岩礁ぽい感じ
その周辺にアンカーを打ち込んでスタート
泳がせをやりながら アジ釣りも開始
しかしアジが釣れない 昨年は結構釣れた記憶があるのに
大谷さんも アジが釣れないなって珍しいとのこと
めったに釣れない日に出くわした私も貴重な体験???

小鯵が少々釣れる程度で 程よいサイズのアジが釣れない
しばらくして 私の竿にアタリが 竿がガタガタと上下に振れ
ゴンと来ました 合わせると確かに魚の引き
来ましたよ~
上がってきたのが カンパチではなくショゴクラス

012.jpg
でもとてもうれしい一匹でした

その後 小鯵さえ釣れなくなり あまり釣れないので また移動

少し沖の方で ボートを確認 先ほどのお仲間さんらしい
また話をしてみると やっぱりダメだね
もう帰るから アジあげるよ~
何と優しい方々だろう?2回もありがとうございました 感謝!感謝!です

小粒のアジよりもかなり大きなアジをお裾わけしてもらい
また 実績のポイントへ

12m~13m付近に少しかけ上がりの場所に陣取る
頂いたアジを泳がせ再スタート

011.jpg
左の端にセット 右側はコマセを撒いてサビキでアジ
私の後ろにも 泳がせ竿を出しています。

サビキのアジが釣れないので ミノーを投げ続けてみた
だいぶ ルアーも飽きてきた時
ゴンといきなり竿に反応
何か掛かった? 何だ何だ 結構な引きで 結構な引き
慎重にやり取りして上がってきたのが 何とダツでした

009.jpg
数年前に川津のジギング船に乗った時に 数回釣った記憶がある
歯が鋭く太刀魚みたいな鋭い歯に要注意の魚だ
こんな沿岸にもいるだと思い 再度 ミノーを投げまくる
すると またアタリ でもバレ 再度アタリ またほしくもバレ
三度目でやっと釣れました 先ほどよりサイズup

010.jpg

その後 ミノーを投げていたが 反応がパタと止まった
またサビキ再開したが メジナ・フグ程度で アジは姿を見せず

11時を過ぎた頃 突然竿先に反応が またゴンゴンゴン ズボと竿先が海中に
来ましたね~

さっきのサイズよりupは間違えありません 結構な引きです。
よしゃぁ~ 上がったきたのが・・・・50cmはありすが さっきよりサイズUPですね

008.jpg

その後頂いたアジが全くなくなり 泳がせ終了11:45にTHE END

今日は久々の外房でとても楽しめました また是非挑戦したいと思います。
内房と外房の違いといえば 海の色が外房の方が青さが濃かったのとうねりですね

今日はいろいろな方に助けられ本当に感謝です

自然に感謝!感謝!

次回はいつ行けるだろう

にほんブログ村 釣りブログ カートップボート釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。