自然をありがとう! toshiのミニボート釣行記
カートップ 海俊丸にて茨城・千葉県内房を中心に釣行
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内房釣行 アマダイ編2
2010年11月21日(日)内房釣行 アマダイ編2 6:10?11:30 曇り

先週釣行予定にしていたが 家族の用事におわれて いけずじまいになってしまったため
今週に内房釣行に行って来た
当然 アマダイ狙い この時期は魚場まで行くのに 北風と波の状況がかなり左右されるため
アマダイが駄目であれば アオリ・モンゴウを中心に考えていた

前回の場所からエントリー エントリー場所に到着して天気予報の北風2mくらいと確認していたが
実際は 4m近くの風が吹いている 結構厳しい状況である。

私が現地に到着頃は 数船のボートがすでに待機していた
以前から顔なじみの方にお会いして 北風がかなりきついから 山陰に隠れての釣行がいいね
沖は厳しいと思うよ 確かにこの風だと アマダイは厳しいかな?

来る途中に地元の釣具店によって 情報収集して アオリが今年はかなりあがっているとのこと

常連の方は 夜明けともに岸払い
私も準備を済ませ 予定より若干遅れて大谷さんとエントリー

沖に出てみると 風は相変わらす吹いているが 写真では穏やかに見えるが
体感的にかなり厳しい この時間は あまりうねり無し 

PB210003_convert_20101123091424.jpg

まずは 実績のあるポイントへ アオリ狙いで 竿を出して見たが
アタリがありません 数箇所移動しみたが アタリがありません

地元の釣具店の主人にエギが根がかりした場合の取り方を聞いて
その方法はエギが90%は取れると言っていた 

実際に私が根がかりしてエギをロストするところを その方法で確かにロストせずに済んだ

今日の状況では アマダイはちょっと無理のような感じ
アオリからモンゴウへといった感じで根の上では アオリ 砂地になるとモンゴウと仕掛けを変更しながら
釣りをしていたが 2人ともアタリ無し

モンゴウの魚場で 2人ともに アタリがあったが身切れがあり 
水深の魚場を絞っていったが アタリはあるが 乗ってくれません
私の竿に来た?が 途中でバレ 大谷さんも 同じ感じ
今日は乗りがとても悪い

9:00頃まで流しながら粘っていたが まったく駄目 今日は厳しい
でもウネリが出て来たが 風がだいぶ落ち着いて来た

ここからアマダイポイントまで30分 この風だと行けそうな感じ
よしゃぁ? と気合を入れて GO?と言ってもエンジン全開とは行きません

また大谷さんに波を思いっきりかぶってもらい
アマダイポイントへ  

PB210002_convert_20101123090957.jpg


やはり魚場についてみると やはり状況は変わらず風・波ともにあり船の上下がかなりあり
釣りづらい 潮は相変わらず早い(大潮だから?)
風は北風 潮は逆 波は東からとちょっと複雑な状況でしたが

釣りをスタート すると すぐに大谷さんの竿に あがって来たのは 真鯛
そして私の竿にもアタリが 来たか?!と思ってあがって来たのは
やはり真鯛 

PB210004_convert_20101123091728.jpg

前回と同じポイントですが 奇襲作戦「トラ・トラ・トラ」のトラギスの攻撃があまりありません?

暫くすると 大谷さんの竿に来ました コンコンコンとアマダイらしきアタリが
海面からスーと浮かび上がって来たのはアマダイでした 

しかも超デカ40cm以上はあると思います。 あまりに大きく驚きました

すると私の竿にもアタリが・・・・来たか??? 

PB210005_convert_20101123092036.jpg


本命ではなく 真鯛でした 

風が強いので 魚場からすぐ流されてしまい また移動 移動と繰り返す
ポイントはとても狭いのかな?

ポイントを外れると すぐにサバがかかります。


またポイントに入ると 大谷さんの竿に 「おっ!来たよ?」とやり取りを楽しみながら
アマダイをゲットです。

今日は私の竿に本命がきません 寂しい 時間的にももうそろそろ上がりの時間が・・・・
と思っていたとき
コンコンとアタリがり 最後にコンと特有のアタリが・・・来たか?

確かにアマダイのアタリだと確信 やっと来ました本命が・・・

良かった 良かった

PB210006_convert_20101123092328.jpg

時間的にも 11:30になり THE END

今日は とても釣りずらかった でも本命が釣れて良かった

トラギスの猛攻は無く 真鯛とサバ・ソーダカツオと釣れた
前回の同じ魚場で また違った魚が釣れて やっぱり海釣りは楽しい

次回はいつ行けるだろう

自然に感謝! 感謝!


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ カートップボート釣りへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:釣り全般 - ジャンル:趣味・実用

ヒメウミガメ 
初めて海へ、ヒメウミガメ


昨日に続いてカメについての記事を見つけました。カメに興味がものすごくあると言う訳ではないのですが
見たニュースでふと目にとまったので記載してみました。
今日の記事は ヒメウミガメです
 
ヒメウミガメとは ヒメウミガメ属に属するのはヒメウミガメ(姫海亀、Lepidochelys olivacea、Olive Ridley)とケンプヒメウミガメ(ケンプ姫海亀、Lepidochelys kempii、Kemp's Ridley)の2種である。

ヒメウミガメの甲羅の長さは大きくても70cmくらいで、ウミガメの中では小型の種類である。甲羅がオリーブ色をしているため、オリーブヒメウミガメとも呼ばれる。 太平洋、インド洋、大西洋の熱帯海域に分布するが、日本ではたまに漁船などに発見され捕獲されることはあるが産卵に上陸した例はない。雑食性で、主に魚や甲殻類、クラゲなどを捕食する。 国際自然保護連合 (IUCN) のレッドリストでは「絶滅危機」 (EN : Endangered) に指定されている絶滅危惧種で、ワシントン条約付属書Iにも記載されている。


リンク: 初めて海へ、ヒメウミガメ - 速報:@niftyニュース.

関連記事 オリーブウミガメ
関連記事

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

アオウミガメの危機!?
アオウミガメの腫瘍、原因は水質汚染か

 ここ数十年、腫瘍に苦しむアオウミガメが世界中で確認されている。海水の水質汚染が原因とする調査結果が公表された。

 下水施設や農地から海へ流入する排水には多量の窒素成分が含まれている。栄養を得た藻が異常繁殖しアオウミガメが口にすると、体内で休眠状態にあったヘルペスウイルスが活性化され、腫瘍ができるのだという。

 ヘルペスの腫瘍は、目、口、関節、内臓器官に発生し、カリフラワーのような形状に盛り上がるのが特徴だ。命を落とすアオウミガメは多く、個体数減少の要因にもなっている。アオウミガメは体長約1.2メートル、熱帯から亜熱帯の海域に生息しており、現在は国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧IB類(絶滅危機)に指定されている。

Rebecca Kessler
for National Geographic News 
November 10, 2010

ナショナルジオグラフィックニュースを見ていたらこんな記事が出ていました。
よくマイボで釣行中 ウミガメが浮いているの見ています。
夏場は特に目にしましたね できるだけ 避けて通るようにしています。
ふと目にした上の記事に寂しさを感じました。

またアカウミガメの記事もみつけました。

ウミガメの中でも最も長距離を移動するのが アカウミガメ
産まれた海岸までに1万4500キロも長旅をするらしい

卵から孵化したばかりは 海面に反射する光を頼りに海に入っていく
15年かけて海中を移動しながら成長する

また 地磁気のわずかな差を感知して方向を変え 回遊ルートをたどるらしい
主に北大西洋中心に廻っている
ちなみに亀って爬虫類に入るですね

世界中で いろいろな出来事が起きていて 一般には報道されませんが
日本はとても豊かで幸せな国のような気がします。
関連記事

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

内房釣行
2010年11月3日(水) 内房釣行 アマダイ編 6:00?12:30 曇り→晴れ

今年もアマダイの季節がやって来ました(笑) 昨年同様に今年も釣りたい・・・・
ということで 内房にマイボで釣行です。

いつもの所からの岸払いが 出来なくなってしまったために
ちょっと離れたところからの岸払い 1年位前まで スロープが使えたのに
今は駄目になってしまった(T_T) その横の浜辺からのエントリーです。

本命がアマダイ アオリ&モンゴウという予定
アマダイのポイントまで 今回のエントリー場所は ちょっと遠いので
アオリ&モンゴウやりながら アマダイポイントへ

5時に現地に到着してみたが 予想に反して北風がかなり吹いている
予報だと 5時過ぎには 北風が止む1?2mとの予報でしたが かなり吹いている
とても微妙な感じ
現地について すでにスタンバッテいる方 何度かお会いしてる方の車を発見
車で待機していたので声はかけられなかった(岸払いの時挨拶)
その後 トレラーで来られた方と少し雑談 ●●ポイントで鰺が結構釣れてるよと
親切に教えて頂いた なるほど アの場所でも釣れるのか?と思いつつ
今日は アマダイ狙い 風と波の状況によって 鰺に変更ですね

岸払い準備をしていたら だいぶ風がおさまって来た よしゃぁ?と
大谷さんと一緒にエントリー ↓

P1010073.jpg

昨日まで嵐状態だったようで だいぶ海ににごりが入っています。

最初にアオリをやってみましたが まったく駄目 何ヵ所かやってみたが 反応無(泣)

モンゴウの魚場へ 少し流しながらの釣り 北風で 潮は逆方法で釣りずらい状態

暫くして 大谷さんが ”来たよ?”っと結構引くよ この時期としてはデカイ
やり取りを楽しみながら難なくゲットです。流石です!
私は まったくアタリがなかった

暫くして 風がだいぶ止んで来たので この風ならアマダイポイントへ行けると判断
また強く吹く前に全開でGO?(笑)
でも 結構な距離 エンジン全開とまで行かないが 30分近くかかってしまう

魚場について見たら 今風はおさまっている状態で釣りは十分できる
大谷さんの電動もNEW 心置きなくできます。
仕掛けを降ろすとすぐに トラギスの連打 連打 いつもの「トラ・トラ・トラ」と奇襲作戦状態(笑)

暫くすると トラと違った引きです。おっと来たか?!

P1010074.jpg
残念でした

また暫くすると 来ましたよ? コン・コン・コンと引きがあり本命が ↓

P1010075.jpg

暫くまた トラさんとのお付き合いが・・・・・
すると 違った引きが・・・・?

P1010077.jpg

ホウボウでした ご無沙汰しておりました(笑)


その後 またまたアマダイ特有の引き おっと2番隊長待ってました
ちょっと小粒サイズですが・・・・            ↓

P1010076.jpg

その後 アタリが無くなり 魚場を少し移動すると
今度は サバ・サバ・サバが 立て続けに釣れ出す
魚場を変えても サバ サバ サバ状態 
仕掛けが底に付く前にサバ君に 持ってかれてしまいます。


さらに魚場を変えてみて サバの逆襲をかわしたら
今度は アタリがありません
また 戻ってみると サバは釣れるが先ほどよりも
仕掛けが底につきます

すると アマダイ特有のアタリが 来ましたよ
3番手隊長 結構引きがあり期待が持てます
来ました 結構でかい ↓

P1010078.jpg
自宅に帰って計ってみたら 35cm おおぉ?立派 立派 ↑

その後 アタリがぱったり止まって 北風もかなり吹いてきたので
浅場に行って モンゴウ狙い

何ヵ所か移動して流してみたが アタリはありませんでした。
12:30に THE END


P1010079.jpg

今日は本命が3本 サバなど多彩に釣れて良かった良かった
これからの時期は 北風との勝負 行ける日は穏やかでありますように!

次回は 一つテンヤでもやってみたい気がします。アマダイの魚場から少し浅場で
遊魚船がやっていたのを確認しました。次回が楽しみ

今度はいつ行けるだろう

自然に感謝! 感謝!

にほんブログ村 釣りブログ カートップボート釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。