自然をありがとう! toshiのミニボート釣行記
カートップ 海俊丸にて茨城・千葉県内房を中心に釣行
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内房釣行 キス釣り 
2010年8月22日(日)内房釣行  キス釣り五目 5:10?10:30 晴れ

今年は飯岡のキス午後船が出ていないようなので マイボートで次男とキス釣りに
いつもの場所から釣行。

次男は 船酔いがひどくちょっとの揺れでも酔ってしまう体質であり 
前回次男が乗った時は ほとんど釣りすることもなく 椅子に座って寝ていた状態であった



友人から船酔いのクスリを紹介されたが マツキヨに行ってもなかったため
ごく普通の船酔いを飲ませたが・・・・

今日は キスをメインに 後半鰺狙いを考えていた 朝現地に着くとすでに
友人2人が岸払い準備中でした(鰺狙い)

私達も遅れて 岸払いした 次男はマイボートでは2回目なので 港を出ると 南西風が若干あり
その波に 驚いていた 私にとっては普通のベタナギに見えるのだが・・・

P1010079.jpg

港を出て すぐにアオリをちょっと試しにやってみた
次男に 釣り方を教えて様子を伺うと 今日は大丈夫な感じ・・・らしい 良かった

ふと 若干沖を見ると つん恵丸さんと大谷さん ↓

P1010083.jpg

お二人ともアオリを狙っている様子

20分位 アオリをシャクっていましたが まったくアタリ無

すると つん恵丸さんのボートが近づいて来て アオリだめみたい これから鰺狙いに行くらしい
私達も 切り替えてキス狙い

私もキス釣りは 久々であるが 魚場を替え 風は南西風 沖から岸に向かって吹いていたため
25mくらいから流し釣り 
アタリはありますが キスではなく メゴチ・トラギス等 

20mで 待望のキスゲット その後16mくらいまで流して釣ってみましたが
20m位が 一番キスが釣れるラインを見つけ キスは アタリがあると特有のビビーンと感覚が分かり
次男も 楽しく釣っている アタリが頻繁にあるので 船酔いしてる場合ではないようで
来た! よっしゃぁ?と声を出しながら 釣っていた(笑)

キスにかかわらず 落とせばアタリが来るので 初心者の方は 十分楽しめると思う
こんな魚場は いつまでもあって欲しいと本当に思いました。

P1010080.jpg

写真では 小さく見えるが結構大きいキスを釣って大喜び

また ハナダイも登場し ↓

P1010082.jpg

その後 カワハギなども登場し 多彩の釣りとなり楽しめた

さらに 私の竿にゴンゴンとかなりの引き ナンだと 上げてみると鋭い歯を持った
ゲソ? 釣り上げた瞬間に 船内に3匹 あれあれ
よく見ると 針にかかったキスを丸のみにしていたみたいだ
釣り上げて 吐き出した感じ!
キス自体は まだ生きていて 丸のみしてすぐ釣り上げたようだ
ちょっと驚きでした(笑)

8時頃に キスのアタリが止まったので 鰺に変更
前回の鰺が釣れた場所に 魚探を見ながら 移動 鰺らしき反応はなく
反応があってサビキを落とすが 鰺ではない
取あえず 前回鰺を釣った 魚場にコマセをまいて 粘ってみた

一時間位粘ってみたが 次男が船酔い状態に・・・
同じ場所に揺れて揺られての状態は やはりきついらしい
また アタリが無いのも原因の一つ

鰺は止めて またキス釣りに変更
少し 魚場を深めに変更し スタートした
若干南西の風が吹き始めたが 揺れが少し大きくなり その揺れに若干耐えられないような
感じ やはりキスが当るのが 20m前後であった

10時過ぎに もう一度鰺を狙ってみたが まったく反応無

次男もだいぶ疲れている様子だったので
友人2人(つん恵丸さん・リリー号さん)に挨拶し10時30分に 納竿 The End 

P1010084_1.jpg

今日は 次男が船酔いを脱して良かった 良かった 
キス18 ハナダイ1 カワハギ1 トラギズ大4 ゲソ大1 多彩に釣れた
鰺は まったく無だが いい思い出が出来た。

車の帰り道は 次男は 暴睡状態(笑)

自然に感謝!感謝!

次回はいつ行けるだろう

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ カートップボート釣りへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

点火プラグ・ギアオイル交換
2010年8月15日(日) 点火プラグ・ギアオイル交換

世間一般は お盆でお休み でも私の仕事は年中無休なので休みはありません

週一回はお休み 日曜日 今日も暑いが ふと点火プラグとギアオイルを交換しようと
思い立った。あまりにも暑いので 釣りに行く気もせず

まず点火フラグから 

P10100641.jpg

2つの点火プラグをフラグコードをはずしレンチでゆっくり回しはずす

P10100651.jpg
写真の左は 使用後 右のプラグは これから交換する新しいプラグ
いままで使用のプラグでも 先端をよく見るとまだ十分使える感じ 黄金色の場合は
十分使用できるとのこと 黒く変色すると交換が必要らしい

せっかくだから 交換しました。 こんな感じです 
P101006611.jpg

続いてギアオイルを交換します

下のドレイン用穴をマイナスドライバーで ネジをはずす
P10100671.jpg
次に上のドレイン穴のネジをあけますが これがびっしりと閉まっていて
なかなかネジがまわらず 潤滑剤をかけて 時間をかけてはずしました。

P10100681.jpg
下の穴から ギアオイルを注入  今回は500ml 十分余裕があります。
残ったら 次回にまわしま?す

上の穴から出てきたら 注入完了です。
即 下のネジを締め 上のネジを締め 終了です。

一様 エンジンをかけてみましたが 一発でかかりましたので 点火プラグも

気づいたら 汗だくになってました。 
午前中2時間くらいと思ったが 頭がくらくらしてきました。
あっ!その前に ビールを飲んでいました
そりゃ? クラクラするわ?


今度はいつ行けるだろう
関連記事

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

波崎新港
2010年8月8日(日) 波崎新港 堤防釣り 5:10?11:00 快晴

次男(中一)から釣りに行きたいと以前から誘われていて 部活(剣道部)の練習も

8日は休みのようで 釣りに行こうと決め 毎年好例の 飯岡港 午後キス五目船に

乗ろうと思い 予約の電話すると 午後キス船は今出ていない! えっ!
理由を聞いてみると 

キスが釣れてないらしい 海水温度が 低いらしく
キスの活性が少なく釣れないらしい お盆あけに なるかもしれない との返答

マイボを出そうかどうか 迷ったが 前日は 地元の花火大会で 仕事がら帰りが遅くなり
体力的にも マイボを出すのは キツイので 堤防釣りに急遽変更

久々の堤防釣り さて釣れるでしょうか? ネットで情報を確認したら 豆鰺あたりが
若干釣れているらしい 


朝 次男に起され 現地へ GO? 朝一番夜明け ↓

P1008080.jpg

多少混んでいたが 2人が十分入れるスペースがあり そこに陣取り
隣りの人に状況を確認すると ちょっと前に 豆鰺が釣れたよ!

あっ? 残念無念 もう少し早ければ・・・・
次男に 帰ろうか?(笑) えっ!

豆鰺は 一足先に 堤防を回遊し 釣り終わったのとこと・・・・
これは 厳しいなぁ これから回遊するかぁ

一様竿を出し ハゼでもいいから 釣るかなって感じ
海水を触ってみたら 結構冷たい!

やっぱりアタリ無 誘いをかけてもアタリ無

P1008083.jpg

時間だけが経過 
今日は快晴ですね 太陽がジリジリと照り付けるが 風があるため体感的には それほど
暑くていられない状況でもない 

その間 数回アタリがあったが 超チビハゼ 即リリース状態

次男が 黒鯛の子供だ!って 堤防の真下を覗き込むと 数匹群れている
餌を近づけるとちょっかいを出してくるが針がかりはしない

P1008085.jpg

少し大きめの黒鯛であるが 餌に食らい付くが 針がかりしない ↓

P1008086.jpg

そんな遊びを2人で・・・・・(笑)

すると隣りで キスが釣れた 遠投でキスがかかった

早速 私も遠投し キス釣りにすると キスが釣れました ↓
P1008084.jpg
でもその後が続かず・・・・・(泣)

次男もフグ・小カレイ・小ハゼなど釣れたが さすがに昼近くなると 暑くなって来た

次回また来ようって事で 納竿(泣)

P1008082.jpg

気づいたら 両隣りの人達も 皆お帰りです。
今回は パッとぜず 潮風にあったって来た感じ(笑)

次回は いつ行けるだろう 自然に感謝!感謝!
関連記事

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

海で暮らすウナギ?
旅するウナギの謎

大きな題名であるが 本屋さんで 見かけた1冊の大きな見出しが「旅するウナギの謎」

日経サイエンス2010.8

現在は 9月号が発売中であるが 8月号に特集で組まれていた

これまで ウナギは南方で産卵し 海流に乗って日本に到着するが
陸域の淡水で育つとして 定説になっていたが 川にのぼるのは 2?3割 残7?8割は
河口付近や沿岸部 つまり海で育つと考えられると今までの定説が覆っている

理由として日本沿岸では海の方が 餌が豊富で早く成長するらしい・・・・他

また南方で産卵する時期も 何回か分けて産卵されるため黒潮から離脱して
陸に向かう時期も異なってくるとのことなど 詳しく解説・図を含めて書かれている

この雑誌は 少し硬い読物(雑誌)であるが たまたま自分に合っていた
私自身 ウナギに対して執着はさほど無いにしても 知識として入れとくものいいかも

次男と一緒にウナギ釣りに挑戦していたが この記事によって
魚場の変更を余儀なくされたように思う(笑)

特に今年などは ウナギが取れない年のため 内陸の川は まず釣れないでしょう!
って釣ってない私が言うものなんだが・・・(笑)

もう少し河口付近にチャレンジしてみようと思います(笑)
関連記事

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

今日も 暑い! 暑い! 夏だからあたり前と言われてしまえば それまでですが(笑)

車で仕事中 とてつもなく大きな 入道雲が 車のフロントガラスに飛び込んで来た
デジカメを持っていないため 写真は無いが 北東の方向であるから 栃木・群馬辺りかな?
その真下は さぞ大粒の雨を降らしている感じ!

マイボートを出す時に当然 天気は欠かさずチェックですが 結構現地に着いてみないと
分からない事が多分にある

現地について 車から降り その空気と風 天候の様子をチェック
おそらく マイボートを出される方は 現地に着いて 同じ事をされると思われる

日の出の頃には 空が明るくなっているので 現状の状況が良く分かる
私は 降りてまず 空を見上げ 雲の状態 風の状態 沖をチェックします。

何分気が弱いせいか 風などが若干でも吹いていると ちょっと岸払いにためらってしまう傾向が
あり せっかく2時間かけて現地について 船を出さないとなるとちょっと寂しくなるが・・・
自然の力は 侮れません
こんな事が 過去数回はありました。まだまだ経験不足なので・・・(笑)

また 岸払い後 1時間位で 天候の急変も経験しています。
釣りをして楽しいのですが 天気に関しても いつも空の雲を見上げて見ます。
真上を見上げなくても 遠くに雲が見えますが 雲の動きで風の方向が分かります。

と話しが飛躍してしまいましたが・・・この暑さは結構体にこたえます。

ちなみに 雲に関してネットで見つけました ↓

http://rika.shinshu-u.ac.jp/ischool/tenki99/rikahome.htm

その中で 「雲の学習」などは クイズ形式になって面白いです。↓

http://rika.shinshu-u.ac.jp/ischool/tenki99/kumo/k_home.htm

雲の状況も把握できれば 天候の急変に気づくはず!ですね
でも 釣果にまったく関係ないかぁ?(笑)
関連記事

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。